• facebook

Race Report - 第4戦 チャン・インターナショナル・サーキット

一日目 予選(2019年6月29日/曇り/ドライ)

予選レポート

SUPER GTで唯一の海外戦である第4戦タイが、6/29(土)、6/30(日)にチャン・インターナショナル・サーキットで開催された。

Q1、Q2とノックアウト形式で行う公式予選は現地時間15時、日本時間17時にスタートを迎え、午前中の公式練習時よりも雲の多い状況で、気温は33度、路面温度40度、湿度52%というドライコンディションの中、公式予選はスタートした。

予選Q1
15時からスタートしたGT300クラスの予選Q1は、15分間で行われた。
56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(サッシャ・フェネストラズ)が1分32秒797にタイムを伸ばし、そのままトップで予選Q2進出を果たし、ポールポジション獲得に向け弾みをつけた。

Q2
予選Q2は、GT500クラスのQ1を挟み、午後3時45分から10分間行われた。
56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(平峰一貴)は、1分32秒057のコースレコードを叩き出すも、ポールポジションまでは約0.2秒及ばす、結果、予選2位となった。
決勝は、フロントローからのスタートを獲得した。

公式予選記録

GT300

Pos. No. TEAM DRIVER Q1 Q2 WH
1 25 HOPPY 86 MC 松井 孝允/佐藤 公哉 1'33.499 1'31.839 R 14
2 56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 平峰 一貴/サッシャ・フェネストラズ 1'32.797 1'32.057 R 24
3 7 D'station Vantage GT3 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ 1'33.187 1'32.111
4 11 GAINER TANAX GT-R 平中 克幸/安田 裕信 1'33.361 1'32.476 44
5 55 ARTA NSX GT3 高木 真一/福住 仁嶺 1'33.858 1'32.622 57
6 65 LEON PYRAMID AMG 黒澤 治樹/蒲生 尚弥 1'33.883 1'32.633 17
7 10 GAINER TANAX triple a GT-R 星野 一樹/石川 京侍 1'32.984 1'32.762 2
8 4 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口 信輝/片岡 龍也 1'33.413 1'32.767 29
9 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン/富田 竜一郎 1'33.948 1'32.948 12
10 33 エヴァRT初号機 X Works GT-R ショウン・トン/マーチー・リー 1'32.913 1'32.993 8

R:コースレコード(従来のレコード 1'32.102)

※No.96 新田守男 当該ラップタイム削除(SpR.18.1「走路外走行」)

二日目 決勝(2019年6月30日/晴/ドライ)

決勝レポート

決勝日を迎えたSUPER GT第4戦タイ、チャン・インターナショナル・サーキット。
昨日の予選日から一転、晴れ空が広がり、現地時間15時にレーススタートを迎えた。

決勝
スタートドライバーを務めたのはサッシャ・フェネストラズ選手。
2位スタートの56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは、ターン3で前方車両をオーバーテイクし、トップに浮上。
その後も後続車両との差を広げていき独走態勢に。一時は2位と約11秒のギャップを築いた。
29周目に、56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rがピットへ入り、平峰一貴選手に交代した。
38周目にGT500車両の多重クラッシュの影響でセーフティーカーが導入され、後続車との差はリセットに。
セーフティーカー後、最終ラップまでトップを守り抜き、そのままトップでチェッカーと思われたが、残り半周のところで、後方から僅差で迫っていたGT300のゼッケン10を付けるGT-Rに、GT500が絡むバトルの中で交わされ、56号車リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは初の2位表彰台を獲得した。

決勝結果

GT300

Pos. No. TEAM DRIVER TIME/DIFF LAPS WH
1 10 GAINER TANAX triple a GT-R 星野 一樹/石川 京侍 1:44'28.062 62 2
2 56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 平峰 一貴/サッシャ・フェネストラズ 0.796 62 24
3 65 LEON PYRAMID AMG 黒澤 治樹/蒲生 尚弥 21.206 62 17
4 25 HOPPY 86 MC 松井 孝允/佐藤 公哉 35.937 62 14
5 88 マネパ ランボルギーニ GT3 小暮 卓史/元嶋 佑弥 36.446 62 23
6 33 エヴァRT初号機 X Works GT-R ショウン・トン/マーチー・リー 36.923 62 8
7 87 T-DASH ランボルギーニ GT3 高橋 翼/アンドレ・クート 41.982 62
8 11 GAINER TANAX GT-R 平中 克幸/安田 裕信 44.835 62 44
9 55 ARTA NSX GT3 高木 真一/福住 仁嶺 45.77 62 57
10 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上 龍/大津 弘樹 46.054 62 10

WH=ウェイトハンディキャップ(kg)

※セーフティカー : 15:58'15(36Laps) - 16:13'19(42Laps)

※No.87 A.クート 黒白旗提示

※No.2 加藤寛規 ドライブスルー(「SC中の追越し」) No.21 富田竜一郎 競技結果に対して35秒加算(SpR13-1.「危険なドライブ行為」)


Fastest Lap

No. TEAM LAPTIME
10 GAINER TANAX triple a GT-R 1'33.187

PHOTOギャラリー

PAGE TOP